MENU

純粋そうに見えてじつは超肉食、隠れハンター女子の特徴

木下あやみ
この記事の担当 木下 あやみ このライターの記事一覧を見る

パッと見は純粋そうで世間知らずに見える彼女、もしかしたら超肉食系かもしれませんよ。男性同様、女性も見た目ですべてはわかりません。人によっては見た目と内面が正反対、なんてこともあります。では、どうすれば隠れハンター女子を見つけることができるのか?恋愛に消極的な男性、女性にリードされたい男性は考えますよね。今回は超肉食の隠れハンター女子の持つ特徴について見ていきましょう。
 

地味目だけど自己主張が強い

筆者が10代の頃から同性を観察し続けた結果、隠れハンター女子は見た目が地味なケースがほとんど。男性がひと押しすれば、振り向いてくれそうオーラも満載で、一見、自己主張とは無縁なタイプに思えます。ですが、そのような女性が心を開いて口を開くとビックリ。自分の考えを矢継ぎ早に話してくることも多く“え?この人こんな人だっけ?”と唖然とすることも少なくありません。また、頑固で自分の意見を他人に譲らないところも。隠れハンター女子は、外見と内面のギャップが激しいという特徴があるのです。

振り向かない相手を追いかけ続ける

隠れハンター女子は、すぐに振り向く男性には興味を示しません。一時的に興味を持ったとしても、相手が振り向くと同時につまらなくなってしまい、気持ちが覚めてしまうのです。それよりも本命がいる男性やなかなか振り向かない相手を追いかけがち。相手が振り向くまでひらすら追いかけ続けます。その情熱はストーカーを彷彿させる勢い。長く付き合っていそうな彼がいるように見えるけど、ひとりの男性を追いかけ続けている女性は、もしかして隠れハンター女子かもしれませんよ。

どちらかと言えば女性らしい服装をしている

隠れハンター女子は、その本性をカモフラージュするためなのか、女性らしい服装をしていることが多いです。白やピンクといったカラーを好み、よくスカートやワンピースを着ていることも。そんな見た目に騙されて、近づく男性もいるでしょう。しかし、前述の通り外見と内面のギャップが激しいのが隠れハンター女子の特徴なので、近づいた男性は、彼女の本性を知り、驚くに違いありません。彼女のタイプでない男性や押しの強い男性が近づこうものなら、その男性のハートは一刀両断されます。

地味でありながらも世渡り上手

隠れハンター女子の大きな特徴のひとつに出世欲があります。縦の人間関係に敏感で、どの人と親しくすれば出世につながるのかを常に考えているのです。その出世欲は男性さながら。隠れハンター女子の正体は、女性の皮をかぶった男性なのでは?と思ってしまうくらいです。この手の女子は地味目で目立たないため、ほかの人にライバル視されるようなこともあまりなく、いつの間にか目標としていたポジションを手に入れています。やはり、隠れハンター女子は、生物学的には女性ですが、男性の精神を持っているのでは?と思わずにはいられない存在です。

まとめ

隠れハンター女子は恋愛を楽しむ分には理想的な相手だと言えるかもしれません。ただ、それはあくまでも恋愛初期のみ。二人の関係に飽きると、次の獲物(男性)に狙いを定め始めますから、付き合いが長くなればなるほど、交際相手の男性を不安にしがち。唯一の隠れハンター女子の攻略法は、永遠に追いかけさせること。グレーな関係を維持して、その女子に“好き”“付き合って”と言わなければ、関係を維持できる可能性がありますよ。

この記事の担当

木下あやみ
木下 あやみ / Kishita Ayami
このライターの記事一覧を見る都内在住のフリーライター。劇団員、OL、WEB編集ライターを経て、現在はフリーライターとしてコラム執筆、ライティングを複数のWEBサイトで行う。