MENU

付き合うと本気で大変!恋愛至上主義の女の特徴

木下あやみ
この記事の担当 木下 あやみ このライターの記事一覧を見る

女性に大人気の海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』とか『ゴシップガール』にわんさか登場する恋愛至上主義の女性たち…。傍から見ている分には微笑ましいことも多いけど、実際に恋愛至上主義の女性と付き合うとなると別です。なぜなら、恋愛イコール人生だと思っている彼女たちの惚れた男性に対する要求は、相当なものだから…。今回は、恋愛至上主義の女性と付き合うと、どうして大変なのかを書きました。
 

●安定を求めているようで求めていない

恋愛至上主義の女性はハラハラドキドキすることが大好きです。口では“安定したい”なんて言っていますが、それは大嘘。本心ではアップダウンのあるジェットコースターのようなスリリングな恋を求めているのです。

不倫や三角関係など安定とは無縁の恋は、彼女たちの大好物。ですから、恋愛至上主義の女性と付き合い、二人の関係が安定し始めると危険です。彼女たちはわざと二人の関係を危機に陥れることがあるから…。わざと浮気してみたり、突然距離を置いてあなたを不安にさせるなどして、二人の関係にスリルを加えようとするのです。

恋愛至上主義の女性は“不安定な恋”にしか喜びを感じませんからね。男性からしたら、ものすごく面倒くさい存在ですよね。

●チヤホヤされる自分に酔っているだけ

多くの男性と寝る=モテると勘違いしているところがある恋愛至上主義の女性たち。相手の男性を好きかどうかよりも、愛されてナンボなのです。ですから、誰彼構わず寝てしまうことも多く、いつの間にか周りが“セフレだらけ”になっていた、なんてことも。

しかし、恋愛至上主義の彼女たちの心はいつまで経っても満たされることはありません。チヤホヤされている一瞬、男性と寝ているその時のみは、一時的に癒されるのですが、本当は自分のことが好きじゃないので、男性にチヤホヤされていないときは常に孤独なのです。彼女たちは自尊心がないに等しいため、男性に依存してしまうのでしょう。

恋愛至上主義の女性と付き合うと、常に彼女をチヤホヤし続け、どんなに疲れていても、肉体関係を持たなければならないことも多々あり、男性からすると非常に大変だと思います。筆者が男性だったら、絶対に付き合いたくない女性のタイプです。

●付き合えば付き合うほど要求が増す

彼女たちの恋愛の教科書は、おとぎ話。白雪姫やシンデレラなのです。ですから、男性に期待していること、求めることが非常に多いのが特徴。少しでも自分を大事にしてくれないと感じる男性にはダメ出ししたり、自分の思い通りに動かそうと作戦を立てることも。

そのようなことから、恋愛至上主義の女性は“小悪魔”に見えなくもないのですが、恋愛上手な“小悪魔”と大きく違う点は、付き合えば付き合うほど、あなたへの要求がどんどん増していくところにあります。

その結果、男性は彼女の要求の重さに耐え切れず、別れを切り出すことに…。そこですんなりと別れられればいいのですが、恋愛至上主義の女性は男性以上に自分をふった相手に未練たらしいところもあり、総じて面倒くさいです。

まとめ

いかがでしたか?恋愛至上主義な女性に狙われると、大変なことになると理解した男性も多いのではないでしょうか。恋愛、仕事、趣味など、物事に対する情熱を注ぐバランスの良い女性と付き合いたいものですよね。

この記事の担当

木下あやみ
木下 あやみ / Kishita Ayami
このライターの記事一覧を見る都内在住のフリーライター。劇団員、OL、WEB編集ライターを経て、現在はフリーライターとしてコラム執筆、ライティングを複数のWEBサイトで行う。