MENU

盲点だった?モテる男性がやりがちな恋愛における失敗

木下あやみ
この記事の担当 木下 あやみ このライターの記事一覧を見る

モテる男性って羨ましいですよね。いつも女性からアプローチを受けていて、自分からいかなくても彼女ができてしまうことも多いですから…。
ですが、モテる男性だからこそ気をつけなければいけないことがあるのは、ご存じでしょうか?今回はモテる男性がやりがちな恋愛における失敗について書きました。目からウロコの話も出てくるかもしれませんよ。
さっそく見ていきましょう。
 

ただモテるだけで終わってしまう

自分がモテていると自覚がある人ほど、この傾向が強いのですが、モテることに胡坐をかいて自分からアプローチしようとしません。たとえ、好きな人ができたとしても“相手から告白してくるだろう”と思ってしまい、いつまでも待ちの状態になってしまうのです。でも、その状態のままだと、確かにモテはするけど、好きな人からは好かれないさみしい男になってしまうでしょう。女性からすると、モテる男性にアプローチするのは倍の勇気がいります。
そうなると、結局アプローチしないで諦めてしまう女性も少なくなりません。モテているけど、好きな女性からは好かれないのは何故?と不思議に思っているようなら、この傾向があると言えますよ。
思い当たることがあるようなら、せっかくの恋のチャンスを逃している可能性があるので、待つのをやめて、今すぐに好きな女性にアプローチしてくださいね。

ケンカしても自分から折れない

いくらモテるからといっても、好きな女性に傲慢な態度を取り続けるのは、やめた方がいいでしょう。自分が悪いとわかっているのに、謝りもしない男性は、女性からすると“最低”です。
モテる男性は“この女性との関係が終わっても、次がある”と思っているのかもしれませんが、「次」は永遠にこないことも。人が本気で愛する異性の数って、じつはそれほど多くはありません。
ゆうに片手でおさまってしまう人の方が多いのです。その現実を見ても、次に今、目の前にいる彼女ほど好きになれる相手は現れないかもしれませんから、自分が悪いと思ったことに対しては、しっかりと謝罪するようにしましょう。
傲慢にならずに、素直なあなたになること…、それだけでも、あなたのイイ男度が確実にアップしますよ。ますますモテるようになる可能性だってありますからね。

恋愛でほとんど学ばず、いつまでも小学生の恋愛観

幼少期からモテモテでいつも高嶺の花の女性と付き合ってきた男性というのは、残念なことに恋愛でほとんど学びを得ていないことがあります。そのため、年齢を重ねるごとに見かけ倒しな男になってしまい、モテなくなるのです。
それはそうですよね?恋愛スキルが限りなくゼロに近い男性と付き合いたいと思う女性は少なくなるのですから…。モテなくなったときに“あ~もっと学んでおけば良かった”なんて後悔するのは、一番キツいでしょう。
そうならないためには、恋愛は人間関係のひとつだと思い、積極的に学んでいくことです。恋愛の学びは辛いことの方が多いかもしれませんが、その学びから逃げずに相手と向き合い続けた者だけが“最高の伴侶”に出会える権利を持てるのだと思いますよ。

まとめ

モテる男性は確かに得なことも多いでしょう。しかし、得なことが多いぶん、人一倍、自分を磨く努力をしなければいけないのかもしれませんね。
どうかモテることに胡坐をかかずに、恋愛を学んでいく姿勢を持ってくださいね。

この記事の担当

木下あやみ
木下 あやみ / Kishita Ayami
このライターの記事一覧を見る都内在住のフリーライター。劇団員、OL、WEB編集ライターを経て、現在はフリーライターとしてコラム執筆、ライティングを複数のWEBサイトで行う。