MENU

草食男子なんて本当はいない!生活ではなく性活優先で生きるメリット3選

木下あやみ
この記事の担当 木下 あやみ このライターの記事一覧を見る

筆者が常々思うことがあります。草食男子なんてものはこの世に存在しないのだと…。男子たるもの、やるときはやるのです!キッパリ。“お金がないから口説けない” “仕事が忙しくて好きな子にアプローチするのが面倒くさい”そんな男子は必要ありません。生活のために生きるのではなく、性活のために生きることで得られることはたくさんあります。

 

目立ちはじめてモテはじめる

性に正直な人というのは、すべてにおいて正直な傾向があります。良くも悪くも目立つし、ときには女性に“馬鹿”と罵られることがあるかもしれませんが、それだけ女性に見られているということ。つまり、目立つ分、恋のチャンスが巡ってきやすいのです。なぜなら、中学生のころの不良少年を見ればわかるでしょう。不良というレッテルを貼られている彼らは、誰からも期待されないぶん、自分に正直に生きています。親や学校への反抗心もむき出しにしていますし、ダサいけど(ボソッ)オリジナリティ溢れる髪型に学ランの着こなし、すべて個性的。そして、何よりも目立つから、意外とモテるし、彼女あり率も高い。そこにすべての答えがあるのではないでしょうか?草食系男子なんて言われている男性は、恋愛市場の負け組もいいところです。今すぐにでも、草食系男子の鎧を脱ぎ捨て、もっと自分に正直に生きた方がいいでしょう。

 

本能的に生きれば魅力が増す

性に貪欲な男性はデキます。仕事に遊びにすべてデキるのです。男性に必要なのは狩人としての本能を上手に生かしていくこと。それを捨てては、男子失格です。性に素直な生活を送っていると、男性は女性よりも、満たされ感があります。狩りに行き獲物を仕留め、お腹を満たされた状態なんですね。だから“あ~なんか満たされない” “社畜として一生、生きていくのか”なんて、ため息をつきながら絶望している暇があったら、今すぐにでも気になるあの子を口説いてください。一歩踏み出す勇気を持てば、そこからすべてが変わっていきます。男性は本来、狩人なのですから。その本能を呼び覚ますことで、男性として一層、魅力的な存在となれるはずですよ。

 

オフィシャルな場面でも活躍できるようになる

はっきり言って、恋に受け身な男性というのは、性の成せる技を侮っています。人間の三大欲求である、食欲・性欲・睡眠欲、この3つをいかにして満たすか、それを考えることが人生をより豊かにする秘訣でもあるのです。そのひとつである性欲を満たさず、仕事に生きても、いくら料理の腕をあげても、結局は何か物足りなさを感じてしまうもの。それくらい性欲は大事なのです。性活を行い、気になる女性を口説いたり、積極的に出会いを求めていけば、その勢いはオフィシャルな場面にも現れます。勢いがつき、仕事に情熱を注げるようになったり(女性を口説くために稼ぐ)、趣味を楽しめるようになったり(女性にカッコイイと思われたいから始める)、はたまた、魅力的な友達ができるようになるのです(素敵な女性と知り合う機会が増えるから)。このように下心=性欲には果てしないパワーがあると言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?男性の性活が勢いをなくすと、婚姻率が下がるばかりか、経済の衰退にも繋がるという恐ろしい現実。草食系男子などという言葉に甘んじず、日本の未来のためにも、今すぐに性活を始めてみてくださいね。

この記事の担当

木下あやみ
木下 あやみ / Kishita Ayami
このライターの記事一覧を見る都内在住のフリーライター。劇団員、OL、WEB編集ライターを経て、現在はフリーライターとしてコラム執筆、ライティングを複数のWEBサイトで行う。