MENU

女性の片思いが一気に冷める瞬間ワースト5

木下あやみ
この記事の担当 木下 あやみ このライターの記事一覧を見る

好きな相手だからこそ、興ざめしてしまうことってあります。“こんな人だと思わなかった”と理想と現実の悪い意味でのギャップにやられてしまうのです。しかも、片思いだと余計にその傾向が強くなります。そこで女性の片思いが一気に冷める瞬間ワースト5をランキング形式でご紹介。

ワースト5:自分の話ばかりする人だと気付いた瞬間

自分のことばかり話す片思いの彼にうんざりした人は多いのではないでしょうか?話す内容も過去の栄光と自慢ばかりの男性っていますしね。そういう人に片思いしてしまうと、一気に冷めがち。女性から見て男性の過去の栄光や自慢話は“ダサい”の一言に尽きます。これ無意識に話している人、意外と多いので気をつけた方がいいかも(笑)。

ワースト4:女ったらしだったと知った瞬間

これは一気に冷めますよね~。それでもって経験人数を自慢気に話してきたり、複数の女性と同時に付き合っている=モテる、と思っている男性は非常に痛いです。こんな相手に片思いしていた自分まで呪いたくなるでしょう。自分の女ったらしなところを自慢してしまう男性、要注意です。同性からヒーロー扱いされたとしても、女性からは間違いなく敬遠されますよ。

ワースト3:理想&プライドが高いと思った瞬間

このタイプに筆者もよく出会うのですが、理想とプライドが高くて、それを“人に押し付ける”男性は女性から嫌われるでしょう。好きになった相手がこの手のタイプだと一気に気持ちが冷めるのもうなずけます。本来、理想とプライドは自分の中だけで持っておくもの。それを他人に押し付けた途端に“感じが悪い人”“付き合ったら大変そうな人”になってしまいますよ。

ワースト2:依存症だと知った瞬間

依存症気味の男性に苦手意識を持つ女性はかなりいます。何かに依存する=弱い心の持ち主だと思われてしまうのかもしれませんね。数ある依存症の中でも、お酒とギャンブルは特に“キツイ”と思われます。百年の恋も冷める勢いでしょう。お酒やギャンブルと上手に付き合えている男性なら、まったく問題ないのですが、過度にそれに依存している男性とは距離を置きたくなるのは、仕方ありませんよね。

ワースト1:ひどい扱いを受けた瞬間

卑劣な男性っていますよね。告白を無視したり、自分に好意を抱いてる相手の悪口を言ったり…。こういった男性に片思いしてしまったら最後。冷めるどころか、どうしてこんなひどい人を好きになったのだろう?と自分自身も責めてしまいそうです。自分にアプローチしてくる人がいたら、誠意を持ってしっかりお断りするのも、人としての礼儀だと思うのですが…みなさんいかがでしょうか?

まとめ

外面がいくら良かったとしても、男女ともに言えますが、最終的に決め手となるのは相手の内面。内面が垣間見えた瞬間、上記のように外見と内面のギャップに興ざめされる、なんてことがないよう、日々自分を磨いていきたいものですね。

この記事の担当

木下あやみ
木下 あやみ / Kishita Ayami
このライターの記事一覧を見る都内在住のフリーライター。劇団員、OL、WEB編集ライターを経て、現在はフリーライターとしてコラム執筆、ライティングを複数のWEBサイトで行う。